このページの本文へ

どこでも演奏できるコンパクトキーボード

ソフトバンク、Kickstarter発iPad用鍵盤「C.24」を先行発売

2014年12月17日 15時00分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

C.24

 ソフトバンク コマース&サービスは12月16日、iPad用ワイヤレスミニ鍵盤「C.24」が2015年1月に日本発売するのに先駆け、同社オンラインショップSoftbank Selectionにて独占先行販売を開始した。

 

2オクターブ分ながらクラシカルなピアノ鍵盤となっている

 C.24は米Miselu(ミセル)がクラウドファウンディングKickstarterで資金獲得、開発されたiPadカバー型の音楽キーボード。iPadとの接続はBluetooth LE、キーは24鍵(2オクターブ分)で、磁石の反発力でキーの押し応えを出し、オプチカルセンサーをスイッチとすることで単にON/OFFだけでなく微妙なキー押下の強弱も検出できる。

 

iPad 2~4世代のカバーケースとして利用できる(Bluetooth接続して使うのであればAir、iPad miniも可能)

 CoreMIDIに対応したMIDI接続ッキにも利用可能。対応機種はiOS 8を搭載するiPad/iPad mini。本体サイズはケース時で幅242×奥行き185.7×9.9mm、重量は552g。microUSB端子による充電で約20時間動作。価格は2万4800円。先行販売購入特典として、500個限定でiTunes CARD 3000円分が付属する。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中