このページの本文へ

お手軽にセンサーやカメラをネットに接続できる開発キット

スイッチサイエンス、Javascriptでプログラムできるマイコンボード「Tessel」

2014年12月08日 19時14分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
 Tesselメインボード 

 電子工作部材を販売するスイッチサイエンスは12月4日より、Javascriptでプラグラムできるマイコンボード「Tesselメインボード」の取り扱いを開始している。

 Tesselは米カリフォルニアのベンチャー開発のマイコンボードで、CPUにARM Cortex-M3 LPC1830を採用、32MB SDRAMと32MBフラッシュメモリーを搭載、USB5V(microUSB端子)給電で動作する。

 メインボード上にWi-Fi機能を搭載し、そのまま無線LANを経由してネット接続できるためItoTデバイスとして使いやすい。20本の入出力端子を備え、カメラやBluetooth、microSDカード、赤外線通信、各種センサーなどを接続できる。

 メインボードにはモジュール接続ポートが4つ搭載。カメラモジュール(静止画)を接続してコントロールプログラムを記述している。プログラムは非常に簡単 

 スイッチサイエンスではチュートリアルを日本語化し、ボードの接続から簡単なプログラムを組む入門手順を紹介するページを設けている。メインボードは9720円、Bluetooth LEやカメラボードは6480円。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン