このページの本文へ

2万円半ばで買える、3G対応の9.6型Windows 8.1タブ

2014年12月04日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3G通信に対応した安価なWindows 8.1タブレット「V961w 四核」がJan-gle秋葉原本店にて販売中。中国ONDAの製品で、価格は2万4800円(税抜)だ。

Windowsタブレットの低価格モデルに新型登場。今回入荷したのは3G対応で2万円台という、中国ONDA製の「V961w 四核」だ

 Windows 8.1 with Bingを搭載する、9.6型の低価格なタブレット。2万円台と安価ながら3G対応(W-CDMA/GSM)のSIMスロットを備えるのが特長だ。ショップでは「通信機能については保証対象外」としているものの、手軽に購入できる3G対応の大判端末としては要チェックといえる。

 ディスプレーは解像度1280×800ドットの9.6型IPS液晶で、プロセッサーはクアッドコアのIntel Atom Z3735F(最大1.83GHz)、メモリー2GB、ストレージ32GBを実装する。

 なお、同店には専用のBluetoothキーボード付きケースも入荷。こちらは1280円(税抜)で販売している。

4コアCPUや2GBメモリーなど、十分快適動作が見込めるミドルレンジ級スペックを搭載。トップカバーを外すと、内部にはmicroSDスロットとSIMスロットが並んでいる

電源・ボリュームボタンのほか、イヤホンジャックとmicroUSBを側面に実装。ジャストフィットのキーボード付きカバーも同時販売中だ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン