このページの本文へ

いずれは欲しいものを言っただけでAmazonで注文したり、オススメ商品をしゃべりだしそう(というか確実にそうなる)

Amazon、Siriのように音声応答する家庭用スピーカーを発売

2014年11月07日 18時25分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
 Amazon echo 

 米Amazonは11月6日、クラウド接続型の音声認識家電「Echo(エコー)」を発売した。

 円筒形の本体には2.5インチウーファーと2インチツィータースピーカーが内蔵され、ネットワークに接続してワイヤレススピーカーとして利用できるほか、ネット配信ラジオなどにも対応する。Wi-FiのほかBluetooth接続でスマホやタブレットから各種制御、音楽のワイヤレス再生も可能。

円筒形ボディにはウーファー、ツィーターを内蔵、上面にはマイクを搭載する 

 上面にはマイクが搭載され、iOSのSiriのように話しかければクラウドベースで音声認識を行い、音声応答により各種情報を得ることができるのが特長。さまざまなクラウドサービスを使い、時刻や天気、ニュースなどに加えてWikipediaを参照して質問に応え、To-Doリストを作成して時間になれば通知してくれるといった動作も可能。さらにAmazon Music Library、Prime Musicなどと連携により、スマホなどローカルに保存していない楽曲でも音声で指示するだけで(購入済みの楽曲であれば)流してくれる。

呼びかけるときの名前は“Alexa(アレクサ)”が起動ワードとなっている

 本体サイズは直径約3.27×高さ9.25インチ、ACアダプターで動作する。価格は199ドルで、Amazon Primeメンバーであれば99ドルで購入できる。ただし、購入するには商品ページで登録、Amazonからインビテーション(招待)を受ける必要がある。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン