このページの本文へ

世界中で流行の手元でシャッターが切れる自撮り棒

2014年10月17日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマートフォンを先端に装着して、手元でシャッターが切れるBluetooth接続の自分撮りスティック「手元でシャッター!スマホ用自分撮りスティック」(型番:SMHZ983B)がサンコーから発売。サンコーレアモノショップ秋葉原総本店にて店頭販売が始まっている。

スマホで望みのアングルで自分撮りができるスティック。Bluetooth対応モデルで、手元のボタンでシャッターが切れる

 スティックをぐいっと伸ばし、自由なアングルでスマートフォンの自分撮りができる“セルフィー棒”。人に撮影してもらったような自然な写真が撮れるほか、人垣の向こうを撮影することもできる。Bluetooth接続に対応しており、端末とペアリングすれば手元のボタンでシャッターが切れるというワケだ。

 スティックの長さは6段階調節で、最大約100cmまで伸ばすことができる。180度の範囲で可動する先端のホルダーは、幅56~82mmまでの端末に対応。iPhone 6 PlusやGALAXY Noteシリーズなどの大型スマートフォンも装着可能だ。

ホルダーはiPhone 6 Plusなどの大型端末にも対応するユニバーサル仕様。ちょうどグリップの根本あたりにシャッターボタンを備えている

スティックは最大約1m伸びるため、アングルの自由度は高い。離れた位置から人に撮ってもらったような写真も撮れるぞ

 スティックは45mAhのバッテリーを内蔵し、microUSBポート経由の充電で動作する。耐荷重は最大約500gで、ホルダーを取り外せばカメラ用のスティック(Bluetoothボタンは使用不可)としても使用可能だ。

 サンコーレアモノショップ秋葉原総本店にて3280円で販売中。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン