このページの本文へ

アップルのiPhone、フィンランド格下げにも影響か=報道

2014年10月15日 18時00分更新

盛田 諒(Ryo Morita)/大江戸スタートアップ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズが10日、フィンランドのランクを最上級の「AAA」から「AA+」に引き下げた。アレクサンダー・スタッブ首相によれば、格下げは広く見ればアップルの影響もあるという。13日、米放送局CNBCの電話インタビューに応じて語った

 フィンランドの二大産業は長らく製紙(パルプ)と、ノキアを中心とした携帯電話だったが、現在はどちらも伸びが望めない。背景にはアップルの「iPhoneがノキアを、iPadがフィンランドの製紙業(出版メディア)をつぶした」(スタッブ首相)側面もあるという。

 しかしスタッブ首相の声は明るい。ロビオやスーパーセルなどスマートフォンゲーム企業は伸びており、携帯電話の世界企業だったノキアはネットワーク事業で成長している。

 スタッブ首相いわく、「われわれはカムバックしてみせる」。

カテゴリートップへ

ピックアップ