このページの本文へ

LINE×ソニー×エイベックスが新会社 音楽、会話の材料に

2014年10月09日 19時30分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)/大江戸スタートアップ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 全てが緑色のアイコンに吸い込まれていく。

 9日、LINEが千葉・舞浜で新機能発表会「LINEカンファレンス」を開催。LINE、エイベックス・デジタル、ソニー・ミュージックの3社が合弁で新会社「LINEミュージック」を設立し、LINEプラットホームを使った定額課金型音楽ストリーミングサービスを10月下旬に開始すると発表した。

 サービスの詳細は未定だが、従来の音楽配信とは異なるサービスになる見通し。

 LINEでは昨年8月に同様のサービスを発表している。基本的な形としては今年の初夏に完成していたが、同社の舛田 淳CSMOによれば「(新サービスは)LINEが求める新しい音楽体験には不十分だった。ユーザーの会話にふたたび音楽をのぼらせるには十分ではない」と感じ、リリースを見送った。

 「今ユーザーに求められているのは、新しい音楽体験への壁を壊すための第一歩。そのために、音楽産業の中から一歩踏み込んでもらえるパートナーが必要だった」(舛田CSMO)

 エイベックスの千葉龍平副社長は「愛してるよ、という言葉を(LINEの)スタンプで伝えているが、たとえば『こんな夜におまえに乗れないなんて』(雨上がりの夜空に)といった曲で伝えられたら。コミュニケーションの材料としての音楽を広めたい」と話し、音楽をスタンプ代わりに使う可能性もほのめかした。

 ソニー・ミュージック村松俊亮COOは「今は誰もが口ずさめる流行歌が生まれづらい。スーパースターを生み出せるサービスにしたい」と話し、低迷する音楽業界の復活に期待をかけた。

 LINEではゲームや漫画などコンテンツも配信しており、「LINEはコンテンツのデリバリーの方法を変える。ゲーム、音楽、漫画だけではなくLINEとコンテンツの取り組みを拡大していきたい」(舛田CSMO)。

 LINEのユーザー数は世界5億人超、2014年4~6月期の売上高は182億円(前年同期比146%増)。最大10万円までチャージ可能な決済サービス「LINE Pay」を2014年冬に導入予定。


■関連サイト

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画