このページの本文へ

上海問屋「DN-11699」「DN-11702」

mSATA/M.2 SSDを2.5インチSATA SSD形状にする変換アダプターが登場

2014年10月08日 22時36分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋から、mSATAもしくはM.2対応SSDを2.5インチSSDに変換するキット「2.5インチケース付き mSATA変換アダプター」(型番:DN-11699)と、「2.5インチケース付き NGFF M.2 - SATA III 変換アダプター」(型番:DN-11702)が発売された。

上海問屋から2.5インチSATA/IDE SSDを組み立てるキットがが登場。全部で3種類が用意される

 どちらの製品もサイズ70(W)×100(D)×7(H)mmの本体ケース内部に、変換基板を内蔵。mSATAもしくはM.2対応SSDを搭載することで、2.5インチサイズのSATA SSDとして利用可能になる。ただし「固定用ネジ穴にネジ溝がないため、PCケースに固定できません。固定方法を工夫してください」(上海問屋)とのこと。
 価格は「DN-11699」が1843円(税抜)、「DN-11702」が2315円(税抜)。

「2.5インチケース付き mSATA変換アダプター」(型番:DN-11699)。ケースサイズは70(W)×100(D)×7(H)mm

 なお、mSATA SSDを2.5インチIDE形状(9mm厚/IDE44pinタイプ)に変換する「DN-11700」も販売中。こちらは1843円(税抜)だ。

「2.5インチケース付き NGFF M.2 - SATA III 変換アダプター」mSATA SSDを2.5インチIDE形状(9mm厚/IDE44pinタイプ)に変換する「DN-11700」も販売中だ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ