このページの本文へ

上海問屋「DN-11690」、「DN-11701」

スリム光学ドライブをSATAに変換するアダプタが2モデル発売中

2014年10月17日 22時08分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋から、スリム光学ドライブをSATAに変換するアダプタ「内蔵型ノートPCドライブ用 接続変換アダプタ」が発売された。インターフェースの違いにより2モデルをラインナップする。

スリム光学ドライブをSATAに変換するアダプタ「内蔵型ノートPCドライブ用 接続変換アダプタ」が上海問屋から発売

 登場したのはスリムラインSATAドライブに対応する「DN-11690」と、旧型コネクタのスリムATAPIドライブに対応する「DN-11701」の2モデル。いずれもノートPC用のスリム光学ドライブを通常のSATAに変換するというものだ。取り付けはドライブの端子に基板を差し込みネジ止めするだけ。
 価格は「DN-11690」が1204円(税抜)、「DN-11701」が1389円(税抜)。ドスパラ パーツ館3Fの上海問屋コーナーで販売中だ。

スリムラインSATAドライブに対応する「DN-11690」(左)と、旧型コネクタのスリムATAPIドライブに対応する「DN-11701」(右)の2モデルだ
スリムドライブ取り付け例

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ