このページの本文へ

iOS 8のアプリクラッシュ率はiOS 7より高かった

2014年09月26日 16時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10億以上のデータを分析してアプリの性能をレポートしている調査会社、米クリッターシズム(Crittercism)によれば、アップルのモバイルOS「iOS 8」はiOS 7.1に比べて78%ほどアプリがクラッシュしやすくなっていたという。

 iOS 8のクラッシュ率は、全デバイス平均でiOS 7の2.0%に対し、3.5%と1.5ポイント高かった。内訳としてはiPhone 6のクラッシュ率が2.6%、iPhone 6 Plusが2.1%に対し、iPhone 4/5/5sなど以前のバージョンが3.57%と高かったという。

 iOS最新バージョンは26日公開の「iOS 8.0.2」。25日公開の「iOS 8.0.1」が抱えていたTouch IDにおける指紋認証の不具合、突然圏外になるといった不具合を解消している。


■関連サイト

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画