このページの本文へ

防塵/防水 耐衝撃/耐寒に加えて男の子ゴコロをくすぐるボディーデザイン

リコー、ケースなしでも水深10mで使えるアクションカム「WG-M1」

2014年09月12日 15時09分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

RICOH WG-M1

 リコーイメージングは9月11日、ハウジングなしでも水中撮影が可能な耐衝撃ボディーを持つアクションカメラ「RICOH WG-M1」を発表、10月中旬に発売する。

PENTAX WGシリーズを継承するカラーリング

 ハウジングなしで10mまでの防水性能、2mの高さからの落下に耐える耐衝撃性能、-10度の耐寒性能を持つ。撮像素子に1400万画素の1/2.3インチCMOSを搭載、レンズは固定焦点で、静止画であれば約160度、動画ならば約137度という広角撮影が可能。

1.5インチ液晶は最近のカメラとしては小さいが、アクションカメラの場合はヘルメットなどに装着した状態でアングルが合っているかどうかの確認なので十分用に足りる

 静止画撮影は最大14Mピクセル(4320×3240ドット)、動画撮影は最高1920×1080ドット/30fpsが可能。1.5インチカラー液晶を搭載して本体だけで各種操作が可能なほか、Wi-Fi機能を搭載して、スマホから操作することもできる。本体内蔵リチウムイオンバッテリーにより、動画であれば約150分の撮影が可能。

専用マウントとカラビナストラップが付属するほか、多彩なオプションマウントが用意される

 本体サイズは約幅66.5×高さ42.5×厚み89.5mm、重量は約190g(電池、レンズプロテクター含む)。予定実売価格は3万円代後半。製品には粘着テープでカメラを固定できるマウントが付属するほか、持ちやすくするカメラグリップ、ヘルメットマウント、マグネットマウントなどの各種マウントなどがオプションとして同時発売される。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン