このページの本文へ

Office Personal 2013標準搭載モデルも用意

3万円台から、CeleronかCore i5が選べる15.6型エントリーノート「HP 15-r000」

2014年09月17日 11時00分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
15.6型ノートPC「HP 15-r000」。CPUがCeleron N2830とCore i5-4210Uのモデルをラインナップする

 日本ヒューレット・パッカードは9月17日、エントリー向けモデルの15.6型ノートPC「HP 15-r000」を発表した。9月下旬より販売開始する。

 HP 15-r000は、傷がつきにくいという「HP Imprint」テクノロジーを採用するノートPCだ。ディスプレーは15.6型で、解像度は1366×768ドット。オーディオ機能として「dts Sound+」を採用し、クリアなサウンドが楽しめるとしている。キーボードはテンキー付の浮石型で、ジェスチャー操作に対応するタッチパッドを搭載する。

 通信規格は有線LAN(100BASE-TX)、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 4.0に対応している。インターフェースは、USB 3.0端子×1、USB 2.0端子×2、HDMI端子、ヘッドフォン出力/マイク入力端子、SDカードスロットなど。

 ラインナップは、CPUがCeleron N2830(2.16GHz)の「HP 15-r000 エントリーモデル」と、Core i5-4210U(1.70GHz)の「HP 15-r000 スタンダードモデル」、「HP 15-r000 スタンダード・オフィスモデル」3機種をラインナップする。カラバリは、スパークリングブラックとパールホワイトの2種類(HP 15-r000 スタンダード・オフィスモデルはスパークリングブラックのみ)。

 HP 15-r000 エントリーモデルは、CPUがCeleron N2830(2.16GHz)、メモリーは4GB、ストレージは500GB HDDを搭載する。OSはWindows 8.1 Update with Bing(64bit)で、価格は3万8000円前後。

 上位モデルのHP 15-r000 スタンダードモデルは、Core i5-4210U(1.70GHz)、8GBメモリー、750GB HDDという構成だ。OSはWindows 8.1 Update(64bit)で、価格は8万5000円前後。

 Office Personal 2013を標準搭載するHP 15-r000 スタンダード・オフィスモデルは、Core i5-4210U(1.70GHz)、4GBメモリー、500GB HDDという構成だ。OSはWindows 8.1 Update(64bit)。価格は10万5000円前後。

主なスペック
機種名 エントリーモデル スタンダードモデル スタンダード・オフィスモデル
CPU Celeron N2830(2.16GHz) Core i5-4210U(1.70GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス(CPU内蔵) インテル HD グラフィックス4400(CPU内蔵)
メモリー 4GB 8GB 4GB
ストレージ 500GB HDD 750GB HDD 500GB HDD
ディスプレー 15.6型(1366×768ドット)
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信規格 有線LAN(100BASE-TX)、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 4.0
インターフェース USB 3.0端子×1、USB 2.0端子×2、HDMI端子、ヘッドフォン出力/マイク入力端子、SDカードスロット
連続駆動 6時間30分 5時間45分
サイズ/重量 約幅378×奥行259×高さ27mm/約2.2kg
OS Windows 8.1 Update with Bing(64bit) Windows 8.1 Update(64bit)
価格 3万8000円前後 8万5000円前後 10万5000円前後
HP Directplus -HP公式オンラインストア-

カテゴリートップへ