このページの本文へ

ゲーム実況配信のTwitch買収、アマゾンがゲーム強化

2014年08月26日 03時34分更新

加藤 宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米アマゾンは現地時間25日、ゲームプレイ動画の実況配信プラットフォームを提供する米Twitch Interactive(Twitch)の買収を発表した。2014年の下半期中に、米Twitchの発行済株式のすべてを約9億7000万ドルで取得する見込みだ。

 米Twitchに対しては、米グーグルが買収に向けて接触していたことが報道されてきたが、米TwitchのCEOを務めるEmmett Shearは米アマゾンを選んだ理由として「Amazon.comは、Twitchのコミュニティーを信じ、その価値と長期的ビジョン共有してくれた。今後もTwitchは独立性を持ち、オフィス、従業員、ブランド、コミュニティーを維持していく」とコメントした。

米Twitchサイト
米Twitchサイト

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の据置型家庭用ゲーム機「プレイステーション(PlayStation) 4」(PS4)は8月10日時点で全世界での累計販売台数が1000万台を超えたと発表した。「プレイステーション」のハードウェア史上で最速のペースだという。

 PS4は、画質の高さや表現力の豊かさもさることながら、ゲームライフの楽しみを共有できるソーシャル連携機能を備えている点が大きな特徴。ゲームプレイの瞬間をFacebookやTwitterで共有できるほか、ゲームプレイ画面のライブ配信としてUstreamだけなくTwitchも採用されている。

 全世界で「ゲーム×SNS」の流れが加速するなか、Twitchの買収で米アマゾンもその流れに乗りたいところだ。

カテゴリートップへ

ピックアップ