このページの本文へ

離れて住んでいる祖父母もauスマートバリューで割引に

2014年08月07日 18時40分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは、対象のFTTH/CATV回線に加入していると、auスマートフォンの利用料金が1契約あたり最大月1410円(以下、すべて税抜)割り引かれる「auスマートバリュー」の範囲を拡大し、離れて住む50歳以上の家族も適用可能になると発表した。サービス開始は8月13日から。

同居していない実家の祖父母なども、auスマートバリューの対象に

 auスマートバリューは従来FTTH/CATV回線を契約している場所に住む、同一住所同一姓の家族のみが対象だったが、今回からはその住所には居住していない50歳以上の家族(たとえば祖父母など)も対象となる。

 なお、同じ8月13日からスタートする新プラン「カケホとデジラ」では、フィーチャーフォン(ガラケー)もauスマートバリューによる割引対象となる(適用にはデータ定額の契約が必要)

 なお、WiMAX 2+対応ルーターとの組み合わせで、auスマートフォンの料金が割引される「auスマートバリュー mine」についても、新料金プランでも同様に適用される(フィーチャーフォン含む)ことが発表されている。割引額は月3GBまでのデータ定額の場合は月743円(2015年2月分までは月934円)、月5GB以上の場合は月934円。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン