このページの本文へ

アドビ初のPan-CJKはどのようにして生まれたのか

「源ノ角ゴシック」を実現させたアドビ西塚氏の勘と感覚

2014年07月29日 10時00分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

源ノ角ゴシックによるかな(Light)

「完全に手作業です。自動ではできないです」

—— 「トラディショナルっぽい」「モダンっぽい」というのは、セオリーのようなものがあるんですか? 「こうなっているとモダンだ!」みたいな。

 「たとえば東という文字で説明すると、ふところを狭くすると、トラディショナルに“感じる”んです。反対にふところを広げたり、少し下げ気味にすると、モダンに“感じる”んです。

 ただ、『ある程度どうすればどう感じるか』はあるんですけど、『トラディショナルすぎる』『モダンすぎる』というのも主観的なものですし、数値的な基準もないので、感覚的に『このあたりを狙おうかな!』と思ったら、なんとなく置いてみるという感じなんですよ」

左からメイリオ、源ノ角ゴシック(Source Han Sans)、MSゴシック。よく見れば確かに、ふところの広いメイリオはかなりモダンな印象、ふところの狭いMSゴシックはかなりトラディショナルな印象を受ける。源ノ角ゴシックは両方の良さが同居した印象

—— 「上からいくついくつのところ、傾斜はこの角度」と決まっているわけではなく……。

 「それはないです。なんとな〜く、エレメント(漢字を構成する1画単位のパーツ)をひとつひとつ置いていくんです。カーブも動きますので、『このぐらいかな〜』と。ほんとに、ただの直感で作ってます。ブロックを組み合わせて、積み上げていく感覚です」

——一旦パーツを置いてみて、「もう少し上の方がかっこいいかな」ってなったら上にずらしてみる、という具合ですか?

 「そうです。本当に感覚だけで、手作業で作っていきます」

—— 人の手が入る領域はどこからどこまでですか?

 「自動でできるのは、ウエイト(線の太さ)だけですね。あとは、完全に手作業です。自動ではできないです」

—— うかがっただけで気の遠くなるような……。できあがったフォントを振り返って、西塚さんは率直にどういった印象をお持ちでしょう?

 「企画段階から、『これからタブレットやスマートフォンで文字を読む機会がもっと増えるだろう』というのは踏まえていたので、そんな時代に合うフォントになったのかなと思います。

 それから、最近はフラットデザインを積極的に採用した製品デザインが増えていますよね。そういうデザインにもマッチするのかなと感じていますね」

—— Source Han Sansは大体3年前に始まったプロジェクトですよね。

 「はい」

—— 「フラットデザインがトレンドなんだ!」という風潮になったのは、割と最近のことのように感じていますが……。

 「そうなんです。そうなんですけど、なんとなく『次はこれだ』というのを“感じる”んです(笑)」

—— ほ! というと?

 「フォントにもブームというものがありまして。長いスパンで言うと、写植の時代に、写研などの写植機メーカーがトラディショナルで美しい書体を出していました。

 そのトラディショナルなフォントのブームから、だんだんモダンなフォントに移り変わって、今度はモリサワさんが『新ゴシック』などの、モダンなフォントをデザインして、そのあとだんだんモダンブームになっていったんですね」

—— はい。

 「で、また、『やっぱりトラディショナルもいいよね』という風潮になっていき……アドビでは『りょうゴシック』を出し、他社さんからも同じようにトラディショナルな書体がリリースされました。

 そしてなんとなく次は、『すごくモダン』まではいかないんですけど、『トラディショナルよりはもうちょっとモダン』に振ると、時代的にちょうどいいんじゃないのかなって。そんな雰囲気を感じとったんです」

—— すごい、そういう流れがあるんですね!

 「私の中でですけど(笑)、でも、そういう気がするんです。面白いのが、私たちの世代が『モダン』ときくと新ゴシックとか、『小塚ゴシック』あたりを想像するんですけど、今の若い方は『モダン』というとトラディショナルっぽいフォントを想像するらしいんです。

 モダンなフォントを目にする機会が増えると、トラディショナルを新鮮に感じ、トラディショナルなフォントがまた増えてくると、モダンを新鮮に感じ……そういうのをなんとなく繰り返しているんだと思います。

 『源ノ角ゴシック』は、モダンすぎず、かといってクラシックすぎず、ちょうどいいところに落ち着いたのではないかなと思います」

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン