このページの本文へ

新導入A330-300で空の上でもネット利用

スカイマーク、無料機内Wi-Fiサービスを8月7日より開始

2014年07月23日 19時07分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

A330-300紹介ページ

 スカイマークは7月23日、エアバスA330-300で無料の機内Wi-Fiサービスを8月7日より提供すると発表した。

 提供するのはエアバスA330-300のうち1機(機体番号JA330D)で、就航する路線は「羽田-福岡」または「羽田-札幌(新千歳)」の一部運航便。順次機材を改修する予定で、年内のうちに全てのA330でサービスを利用できるようにするという。

 離陸して巡航になってから機内アナウンスが行われるので、それまではWi-FiはOFFにしておくこと。利用者は各自のスマホやタブレットなど無線LAN端末からアクセスポイント「SKYMARK_Wifi」を選択してブラウザを立ち上げればポータルサイトが表示され、インターネット接続を使用できる。なお、衛星通信経由のため、通信速度的に動画再生など通信容量の大きな利用には適さない。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン