このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

話題の電子マネー「au WALLET」が到着 早速チャージした

2014年06月03日 17時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIがテレビCMやauショップなどで積極的にPRしている、新しい電子マネー「au WALLET」。早い段階で申し込んだユーザーから、順次発送が行なわれているようだ。本稿担当の手元にもカードが届いたので、早速チャージなどを行なってみた。

見た目には普通のクレジットカードだが(ただし、番号部分のエンボスは無い)、実際にはクレジットカードではなく、それでいてクレジットカードに対応したお店で使える「au WALLET」

見た目はクレカだけどクレカじゃない
プリペイド型であらかじめチャージしてから使う

 au WALLETの詳細については、auのサイト(http://www.au.kddi.com/au-id/au-wallet/)をチェックしていただきたいが、基本的な特徴を一言で説明すると、プリペイド型の電子マネーでありながら、クレジットカードに対応した大半の店舗で利用できるという点があげられる。

こんな封筒に入れられて、送られてきた。背面から見てもクレジットカードそのもの。システムを提供しているWebMoneyの文字も見られる

 まず、申し込んだユーザーにはクレジットカードと外見が同じプラスチックのカードが配られる。しかし、中身は一般的なクレジットカードと異なり、利用する前にお金をチャージする仕組みを取る。そしてそのカードは「MasterCard」ブランドのクレジットカードと同様の場所で利用できる。

プリペイド型でお金のチャージや残高確認はスマホ上のアプリから可能なのが、au WALLETの大きな特徴だ

 といっても、利用額はチャージした金額に限定されるので、使いすぎや盗難時などの被害は比較的小さく抑えられるほか、カード発行には基本的に審査などが無く、未成年者なども含めて広く持つことができる。さらに初期費用や年会費も不要だ。

ちなみに申し込みが殺到しているため、今から申し込んでも実際にカードが届くのは少々先だ

(次ページでは、実際にau WALLETにチャージする!)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン