このページの本文へ

撮影可能距離は最大約30m

自撮りや集合写真に! アプリ不要なiPhone用シャッターリモコン「MeoSnap Pachil」

2014年05月21日 15時06分更新

文● 笛木/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
加賀ハイテックが発表したApple製品用遠隔シャッターリモコン「MeoSnap Pachil」。カラバリはピンク/ブルーの2色

 加賀ハイテックは5月21日、iPhoneなどで離れた場所から静止画/動画撮影が可能なBluetooth接続のシャッターリモコン「TAXAN MeoSnap Pachil(ミーオスナップ パチる)」を発表した。5月28日より発売となる。

 「Pachil」は、iPhoneやiPadで使用可能なワイヤレスシャッターボタン。アプリは一切不要で、Bluetoothのペアリングのみで撮影ができるという。

自撮りや自分も入った集合写真の撮影が可能

 自撮りだけでなく、自分も入った集合写真撮影のほか、動画の撮影開始/停止操作が可能。撮影可能距離は最大約30mとしている。

 また、iPhoneを固定できる専用のスタンドが付属しており、スタンド使用時には、シャッターボタンを取り外せる。

スタンドの使用イメージ

 対応製品はiPhone 4s/5/5c/5sと、第3/4世代iPad、iPad Air/iPad mini、第5世代iPod touchで、すべてiOS 7.0以降。Bluetooth 4.0に対応している。

 電源はボタン電池(購入時に付属)で、動作時間は約1年。市場想定価格は1980円。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中