このページの本文へ

「自分を見る」アイウェアが登場

眼電位センサー搭載「JINS MEME」、スマホ連携で疲れや眠気を可視化

2014年05月13日 17時15分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ジェイアイエヌの田中社長(中央)、慶応義塾大学大学院 メディアデザイン研究所 稲見教授(左)、東北大学加齢医学研究所 川島教授(右)

 ジェイアイエヌは5月13日、メガネブランド「JINS」から眼電位センサー搭載のアイウェア「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」を発表した。

東北大学や慶応義塾大学、芝浦工業大学などの研究機関と共同で、センシング精度の向上やスポーツ医学への応用などの技術開発をおこなっている。
Audi A6などのプロダクトデザインを手がけた和田智氏にデザインの監修を依頼するなど、アイウェアとしてのデザインにもこだわったという。パッと見た感じでは、おしゃれメガネと区別がつかない。

 人間の眼球は電荷を帯びており、その電位差を眼電位という。JINS MEMEに搭載されている三点式眼電位センサーは、鼻パッドと眉間部分から検出される眼電位によって、眼球運動にともなう目の周りの電位差を検出する。それにより、8方向の視線移動とまばたきをリアルタイムに測定できるという。

 視線移動を検知する「アイ・トラッキング」技術は、カメラを使ったタイプや角膜から直接電荷を検知するタイプ、パッ知識の眼電位測定方法など様々な方法が存在したが、バッテリー消費や身体的負荷の高さなどの問題から常時センシングが困難だった。JINS MEMEは、産学協同での技術開発により「三点式眼電位センサー」を開発し、メガネ型のデバイスをかけるだけで視線位相とまばたきのリアルタイム測定を可能にしたという。

 JINS MEMEは三点式眼電位センサーのほか、三軸加速度センサー、三軸ジャイロセンサーを搭載する。スマートフォンとBluetoothで連携し、専用アプリで取得したデータを「オフィス」「ドライブ」「フィットネス」3通りのモードで表示できる。

リアルタイムの測定データを「オフィス」「ドライブ」「フィットネス」3通りのモードで表示。
スマートフォン専用アプリの画面(開発中)。疲労によるパフォーマンスの低下を数値で可視化する。

 オフィスモードは、眼の動きから作業時の疲れや集中度を割り出し、疲労の度合いを独自の指数で表示する。ドライブモードは独自のアルゴリズムによりドライバーの眠気の兆候を事前に察知し、アラートする機能を実装予定だという。フィットネスモードでは、フレームに内蔵された六軸センサー(加速度・角速度)により頭部の動きを検知し、重心や体軸などの体の動きを意識したトレーニングを可能にするという。

 JINS MEMEは、2015年の初に発売される予定で、価格は未定。今年の秋にはAPIや開発者用キットを提供し、オープンイノベーションによってソフトウェア開発を支援していくという。

 田中社長は、「人間の五感の約9割を占める『眼』が持つ膨大な情報を活かし、『自分を見る』をコンセプトにして新しいアイウェアの市場を創造したい」とコメントした。

デザインは、ウェリントンタイプ、サングラスタイプ、ハーフリムタイプの3種をラインアップ。
■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン