このページの本文へ

リモコン型ポケットキーでもカードキーでもおサイフケータイにも楽天Edyカードでも(非常用物理キーも)

YKK AP、おサイフケータイにも対応する玄関ドア用電気錠を新開発

2014年04月25日 14時48分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
施工イメージ/使用イメージ

 YKK APは、リモコン型「ポケットKey」や非接触カードキー、おサイフケータイなど複数のカギが利用できる玄関ドア向け電気錠「NEWポケットKey」を搭載したドア「スマートドア ヴェナート」を開発、新築向け/リフォーム向けに発売する。

「スマートコントロールキー」商品体系

 同社では電気錠機能をドアハンドルに全て内蔵した玄関ドア「スマートドア」シリーズを2012年4月に発売している。新型のリモコン型ポケットKeyは従来のものと同様に内部に非常用物理キーを内蔵する。新たにカード型の「カードキー」と「シールキー」が追加され、カードキーは財布やパスケースなどに入れても動作し、シールキーは携帯電話などに貼るだけで玄関のカギとして使える。

各種のカギを利用できるNewポケットKey

 さらに「おサイフケータイ」機能付きのスマホや「楽天Edyカード」もカギとして登録でき、家族構成や子供の成長に合わせてカギを選択・変更することができる。また、拡張性も備えており、インターホンのドアカメラで来客を確認、解錠するといったことも可能。

連動する2つのロック機構で防犯性能も高い

 2つのロック機構が連動してドアを施錠、ドア表面にはカギ穴が見えず、1つのカギが解錠された際にもう1つのカギを50秒以内に解錠しなければ再度ロックされるピッキング防止機能を持つなど防犯面に優れている。ハンドル部はガラス繊維強化プラスチックを採用して冬場でも冷たくなく、静電気も起きにくい。

カバー工法により簡単リフォーム

 新築向けの「スマートドア ヴェナート NEWポケットKey」は5月1日発売で、価格は36万3000円。リフォーム向けの「リフォームスマートドア ヴェナートRD NEWポケットKey」は6月2日発売で、価格は61万1000円。外壁工事不要なカバー工法を採用、リフォームも1日以内に終了する。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン