このページの本文へ

豊かな重低音が再生できるツインパッシブラジエーター搭載

楕円形でコンパクトなBluetoothモノラルスピーカー「LBT-SPP20」

2014年04月22日 14時52分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
出力3Wで、ツインパッシブラジエーターを搭載するBluetoothモノラルスピーカー「LBT-SPP20」

 エレコムは4月22日、出力3Wでツインパッシブラジエーターを搭載するBluetoothモノラルスピーカー「LBT-SPP20」を発表した。4月下旬に発売予定で、価格はオープン。

 LBT-SPP20は、スマートフォンやタブレット、オーディオ機器などとBluetooth経由で接続して、ワイヤレスで音楽や動画の音声が再生可能なモノラルタイプのスピーカー。ツインパッシブラジエーターを搭載し、豊かな低音や立体感のある音楽が再生できるという。筐体上面にスイッチがあり、ボリューム調整や再生/停止が可能だ。連続駆動時間は最大8時間で、付属の充電ケーブルを使用してPCから給電できる。

カラバリは5種類(写真はブルーの「LBT-SPP20BU」)本体背面に電源スイッチとAUX端子、充電用のmicroUSB端子がある

 また、A2DP対応機器とのワイヤレス接続も可能だ。加えて、外部入力端子を利用してBluetooth非対応の機器とも接続できる。そのほか、著作権保護技術「SCMS-T」を使用した音楽にも対応している。

 カラバリはブラック/グリーン/ブルー/ピンク/ホワイトの5種類。サイズは約幅88×奥行79×高さ49mmで、重さは約126g。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース