このページの本文へ

Twilioが月額108円に値下げ、0120番号にも対応

2014年04月09日 15時51分更新

小橋川誠己/Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 クラウド電話APITwilioが大幅値下げ。1電話番号あたり490円だった月額料金を108円に、固定電話宛て発信料を9円から5.4円に、携帯電話宛て発信料を19円から16.2円に変更する。国内でサービスを展開するKDDIウェブコミュニケーションズが4月9日、発表した。

 あわせて、コールセンターから要望が多かったフリーダイヤル(0120番号)の開設へも対応する。料金は1電話番号あたり月額1620円、着信料が21.6円/分。

新料金を発表するKDDIウェブコミュニケーションズの小出範幸ゼネラルマネージャー

 Twilioは、電話の受発信やSMSの送受信、音声合成などの機能をWeb APIとして提供するサービス。海外ではUberやAirbnbなどのスタートアップを中心に、30万人以上の登録開発者を抱える人気のサービスだ。国内では2013年4月にサービスが始まり、ニフティの「暮らしづくり 代行」、福岡市の「PM2.5ダイヤル」などの利用事例がある。

 今回の発表について、KDDIウェブコミュニケーションズ Twilio事業部ゼネラルマネージャーの小出範幸氏は「料金の値下げによって、店舗ごとや、社員1人1人に対して個別の専用電話番号を割り当てやすくなる。また、0120番号によって開発者は付加価値の高い電話サービスを提供できる」と話している。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く