このページの本文へ

勝手に動きまわる自動走行モードも搭載するキモカワ系ラジ・昆虫

JTT、芋虫型ラジコン「イモラジRC」発売

2014年04月02日 18時23分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

イモラジRC

 日本トラストテクノロジーは4月2日、同社通販限定で「ラジ・昆虫シリーズ イモラジ RC」を発売した。

キアゲハ(緑)、ヨトウガ(茶色)、スズメガ(黄色)の3種がラインナップ

 芋虫型ラジコンでキアゲハの幼虫、スズメガの幼虫、ヨトウガの幼虫の3種類がラインナップされる。赤外線リモートコントローラは赤外線方式2ch(前進/右旋回)で、3体動時走行も可能。

勝手に動きまわるモードも搭載

 また、送信機でコントロールしない自動操縦機能も付いており、送信機のボタン操作で自動操縦モードにすればモードを解除するか電池がなくなるまで勝手に動き回る。いずれもウネウネモゴモゴと走行するが、ヨトウガの幼虫は動き回るのがあまりうまくないなど若干の個性がある。

遊ばないときはオブジェやインテリア、アクセサリとしても

 芋虫サイズは全長11×幅3.1×厚み 2.1cm(種類により若干異なる)。電源はLR44×3個(送信機)およびUSBからの充電。価格はいずれも1780円で、2体セット(3組)2980円も用意される。

コントローラーにはA/B/Cの3バンド切り替えスイッチがあり3体同時走行も楽しむことができる

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン