このページの本文へ

CRYORIG「R1 UNIVERSAL」

背の高いメモリーでも干渉しない、CRYORIGのCPUクーラー第2弾

2014年03月19日 23時37分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CRYORIGから大型でサイドフロータイプのCPUクーラー「R1 UNIVERSAL」が登場した。

CRYORIGから発売された大型でサイドフロータイプのCPUクーラー「R1 UNIVERSAL」

 この製品は、1月に発売された「R1 ULTIMATE」のバリエーションモデルとなるもの。新たにヒートシンク位置をずらし、搭載ファンを13.5mm厚タイプとすることで、メモリーとの干渉を防止。背の高いヒートスプレッダを装着するメモリーでも利用可能としている(ただしマザーボードのレイアウトによる)。

アルミ製ヒートシンク+6mm径ヒートパイプ×7本という構成。メモリーとの干渉を防止した新デザインを採用する

 本体サイズは140(W)×128.5(D)×168.3(H)mm、重量1181gで、アルミ製ヒートシンク+6mm径ヒートパイプ×7本という構成。搭載ファンは140mmの「XF-140」(25mm厚/回転数は700~1300rpm/ノイズレベル19~23dBA)と「XT-140」(13mm厚/回転数は700~1300rpm/ノイズレベル20~24dBA)をデュアルで搭載。さらに初回特典として「XT-140」がもう1基付属する。

搭載ファンは140mmの「XF-140」+「XT-140」のデュアル仕様。さらに初回特典では「XT-140」が1基付属するのでトリプル構成も可能だ

 対応ソケットは、LGA 2011/1366/1156/1155/1150/775、Socket FM1/FM2/AM2/AM2+/AM3/AM3+。マザーボードへの取り付けは、特許出願中の「MultiSeg」クイックマウントシステムを採用する。
 価格は1万3650円。オリオスペックとツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中