このページの本文へ

アマゾンが音楽配信でレコード会社等と交渉か? 米報道

2014年03月12日 06時00分更新

加藤 宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米アマゾンが音楽ストリーミングサービスを計画し、レコード会社や音楽出版社と交渉しているという。米メディアのウォール・ストリート・ジャーナル( WSJ:THE WALL STREET JOURNAL)が報じた。

 米アマゾンが画策しているのは、「Amazonプライム」有料会員向けに無料で提供する音楽ストリーミングサービス。再生に制限を設けることで、アマゾン・ドットコムの音楽ダウンロードサービス「MP3ストア」での販売に結びつける狙いがある。

 レコード会社や音楽出版社とは、ライセンスや金銭面で条件交渉を進めているというが、これが実現すれば、音楽の販売に弾みがつくと期待され、市場が活性化されるなど、音楽業界全体とアマゾンの双方にとってメリットが生まれる。

音楽配信サービスが「MP3ストア」の販売につながるか?

音楽配信サービスが「MP3ストア」の販売につながるか?

カテゴリートップへ

ピックアップ