このページの本文へ

2色ヘッドモデルの選択やさまざまなカスタマイズも可能

国内100%組み立てによる信頼の3Dプリンタ「ニンジャボット」発売

2014年02月28日 19時23分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
作業しやすいオープンタイプの「ニンジャボット」

 三豊工業は、デスクトップ3Dプリンター「ニンジャボット」を3月下旬に発売する。

 アイツーアイが設計、三豊工業が製造販売を行う製品で、100%国内製造のためパーツやサプライ品を迅速に行うとしている。ボディはカバーのないオープンタイプなので作業がしやすく、ボディサイズに比べてワークエリア(最大造形サイズ)は200×200×200mmと大きめなのが特長。

2ヘッドモデルも用意される

 エクストルーダー(プリントヘッド)直結モーターを採用し、安定したフィラメント(造形素材)の送り出しが可能なほか、エクストルーダーは透明なので作業を目視しやすく、さらにダブルエクストルーダーモデルも用意して2色プリントも可能。

カスタマイズ可能な設計となっており、オプションでSDカードスロットや液晶パネルも装着可能

 本体サイズは幅450☓奥行き450☓高さ480mm、重量は11kg。最小積層ピッチは0.1mm、対応フィラメントはPLA/ABS/PVA、USB2.0インターフェイスを持ち、Windows XP/Vista/7/8で使用可能。ヘッド数、ヒートベットの有無などで3モデルが用意され、価格は20万円台半ば~20万円台後半。

2色使えることで3Dプリントの楽しさも広がる
■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン