このページの本文へ

就活セミナー「世界一即戦力な就活トークイベント」にて

即戦力男 菊池良氏、就活生に向け「ゲームをしすぎたらダメ」

2014年01月20日 17時00分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
多数の観客を前にしても全く動じない菊池氏

 衝撃的な就活サイトを立ち上げたことで内定を勝ち取り、今ではすっかりネットの有名人となった菊池良氏。そんな彼が1月18日、学生向け就活セミナーイベント「世界一即戦力な就活トークイベント~世界一即戦力な男・菊池良から就活生のキミへ~」に登壇し、独自の就職活動観を語った。

 トークイベントはフジテレビアナウンサー 佐野瑞樹氏が司会を担当。パネリストにフジテレビジョン 執行役員 コンテンツ事業局長 西渕憲司氏、バスキュール代表取締役 朴正義氏、LIG代表取締役社長 岩上貴洋氏をむかえ、リラックスした雰囲気の中、「即戦力な人材とは?」「面接時における企業の建前と本音」「登壇者の就職活動談」といったテーマで進行した。

フジテレビジョン 執行役員 コンテンツ事業局長 西渕憲司氏、バスキュール代表取締役 朴正義氏、LIG代表取締役社長 岩上貴洋氏が登壇。始めは険しめな表情だったが……

 中でも会場を盛り上げていたのは「即戦力な人材とは?」というテーマだ。「自分はこうしたいというのが“あり過ぎない”人。上から言われたことを素直に、迅速に実行して、その中で何かを見つけていくことができる人」(西渕氏)、「(バスキュールにとっては)将来的に作っていきたいものがはっきりしていて、それを作り上げていく場所としてバスキュールが適している人(朴氏)」、「外部の変化に柔軟に対応できる人。考えるだけでなく、やり遂げる力を持った人(岩上氏)」と、パネリストがさすがの見解を述べ終えると、菊池氏は「まるで自分のことを言われているようだ。僕の自己紹介をしてくれてありがとうございますという感じ」と発言。会場を大きく湧かせていた。

イベントが進むとかなりリラックスしたムードに。特にフジテレビジョン 執行役員 コンテンツ事業局長 西渕憲司氏は菊池氏をいたく気に入った様子

 多数の聴講者を前にしても動じず、ウィットに飛んだ発言を次々繰り出す菊池氏をフジテレビジョン 執行役員 コンテンツ事業局長 西渕憲司氏はいたく気に入った様子。「そのアイディアはどこから出て来るのか? 君のような人は、今の一般的な就職活動の選考システムでは見落としてしまう存在。短い面接の中では、『明るい』とか『身だしなみが爽やか』といったことを重視するしかない部分がある。しかし菊池君はみずから“レギュレーションの変革”を実施し、実際に結果を出している。これは才能だ」と大きく評価していた。

 これに対し菊池氏は「少しだけ一般的な就職活動をやってみたけど、まず、2回も3回も面接があるということに衝撃を受けた。そんなに時間はかけてられないかな、と思ったのでサイトを立ち上げて向こうから来るのを待つという方法をとったまで」と回答。一歩間違うと反感を買い兼ねない台詞だが、彼が淡々と語ると面白く聞こえてしまうから不思議だ。

 およそ1時間30分のトークを終え、イベントは終了。「最後に就活生に一言」と佐野氏にコメントを求められた菊池氏は「僕の友人に、失業して、しばらく貯金で食いつないでいた人がいる。彼は失業後、意欲を失ってマインスイーパやソリティアに明け暮れていた。ところが、あるとき『貯金が尽きそう』と僕に報告してきた」と語り始めた。

 一体どう結ぶのかと注目する観客の期待を受けながら、「だから、ゲームのし過ぎには気をつけないとダメだ。就活生の皆さんはゲームをし過ぎないように」と結論づけ、最後の最後まで会場を湧かせていた。

「世界一即戦力な男」は1月24日よりフジテレビ+(プラス)で配信

 そんな菊池氏を元にしたドラマ「世界一即戦力な男」は1月24日よりフジテレビ+(プラス)で配信される。俳優 柄本時生氏が演じる菊池氏にも注目したい。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ