このページの本文へ

サーバー上のSSDを用いるキャッシュ機能でパフォーマンスを大幅に向上

シマンテックが「Storage Foundation 6.1」を提供開始

2014年01月08日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シマンテックは1月7日、ストレージ管理/高可用性ソフトウェアの最新版「Storage Foundation 6.1」の提供を開始した。ホットデータをサーバー上のSSDにキャッシュする「SmartIOテクノロジー」を採用し、従来型のSAN比でパフォーマンスを最大400%向上するという。

 Storage Foundationは、多様なサーバーOS/ストレージが混在するヘテロジニアス(異機種混在)環境を包括的に管理し、ストレージ使用率やパフォーマンス、可用性を向上させる製品。

 新版では、SmartIOテクノロジーにより重要なアプリケーションの稼働状況を把握し、アクセス頻度の高いホットデータのみをローカル(DAS)のSSDにキャッシュすることでパフォーマンスの大幅な向上を実現した。現在のところ対応OSはLinuxのみ。

シマンテックのSmartIOテクノロジー。アプリケーションレベルのインテリジェントキャッシングを提供する

 またFSS(Flexible Storage Sharing)テクノロジーによって、サーバーからリモートサイトにあるストレージにアクセスする場合でも、ローカルサイトのストレージのようにアクセスできる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ