このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

初めての人も、ブラウザー上できちんとした記帳や申告が可能に

確定申告は「やよいの白色申告 オンライン」で手軽に済ませる!

2014年01月27日 09時30分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 個人事業主は年末年始といえど、確定申告の作業に追われてあまり気が抜けないもの。面倒な作業なので、期限いっぱいまで先送りしてしまう人も多いことだろう。ただでさえ申告作業は面倒くさいのに、2014年1月から記帳・帳簿などの保存制度が変更された。白色申告事業者も記帳しなければならなくなった。何をどうして良いのかわからず、不安になっている人も多いだろう。

 そこでオススメしたいのが「やよいの白色申告 オンライン」。確定申告のビギナーでもブラウザー上で、きちんとした記帳や申告ができるクラウドサービスだ。今回は、やよいの白色申告 オンラインで確定申告を手軽に済ませる方法を紹介しよう。

年に1度だが、面倒な確定申告作業。やよいの白色申告 オンラインを使って、負担を軽減しよう

2014年からは白色申告のすべての人に記帳義務が発生する

 確定申告には特別控除が受けられる青色申告と、控除がない白色申告の2種類がある。白色申告は税金上のメリットがない代わりに、簡易簿記での記帳で済み、これまで所得(儲け)が300万円以下の人は記帳義務さえない。要は手間がかからなかったのだ。フリーライターである筆者も、お金がもらえない作業に時間を取られたくないため、この15年間は白色申告を行ってきた。

 ところが、2014年1月から所得が300万円以下の人を含めて全員が記帳しなければならなくなった。国税局のホームページでは、記帳する内容として「売上げなどの収入金額、仕入れや経費に関する事項について、取引の年月日、売上先・仕入先その他の相手方の名称、金額、日々の売上げ・仕入れ・経費の金額等を帳簿に記載します」と紹介している。日本語の意味は理解できるが、具体的に何をどうやって記録すればいいのかわかりにくい。

 現在、白色申告事業者は全国に約150万人もいる。記帳が義務化されても、青色申告に変更する人は18%程度と見られている。多くの人は白色申告のままでいるつもりなのだ。そこで注目したいのが、新しく登場した「やよいの白色申告 オンライン」だ。日々の記帳業務が行えるクラウドサービスで、2014年1月からβ版がスタート。4月から正式版が開始される予定だ。しかも、2014年12月31日までは、初期費用・利用料金ともに無料で利用できる。

 簿記の知識がなくても家計簿感覚で情報を入力でき、確定申告も簡単に行える。会計ソフトの老舗である弥生ならではのノウハウが詰まっており、簡単操作でもきんとした確定申告ができるのだ。

国税局のホームページには、「平成26年1月から記帳・帳簿等の保存制度の対象者が拡大されます」という告知が掲載されている

「やよいの白色申告 オンライン」のウェブページにアクセスし、利用申し込みを行う。初めての人は「弥生IDの新規登録を行う」をクリックして、アカウントを作成しよう

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新