このページの本文へ

最大12mの無線通信が可能

7.1ch対応、50mmドライバー採用の無線ゲーミングヘッドセット

2013年11月27日 20時41分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
7.1chドルビーデジタルに対応したゲーミングヘッドセット「CA-9011125-NA」

 リンクスインターナショナルは11月27日、ワイヤレスゲーミングヘッドセット「CORSAIR Gaming Headsets Vengeance 2100(CA-9011125-NA)」を発表した。11月30日発売予定で、店頭想定価格は1万6980円前後。

 CA-9011125-NAは、7.1chドルビーデジタルに対応したサラウンドシステムを採用し、50mmドライバーユニットを搭載する。無段階に位置調整が可能なマイクは、フェイスラインに沿った形状に変形できる。単一指向性のマイクはノイズキャンセリング機能を備え、外部のノイズをシャットアウトする。大型のイヤーキャップを装備し、長時間装着しても疲れにくいデザイン設計だという。

2.4GHzの周波数帯を使用し、最大12mの無線通信距離を実現したという

Vengeance 2100専用のソフトウェアで、プリセットイコライザーやサウンドタイプの変更が可能だ。レシーバーは2.4GHZの周波数帯を使用し、最大12mの無線通信が可能だ。USBアダプターを搭載し、取り外し可能な1.5mの延長ケーブルを付属する

 ヘッドフォン部の周波数は20Hz-20kHzで、マイク部の周波数は100Hz-10kHzだ。インピーダンスは32Ω、ダイナミックレンジは105dB ±3dB。連続稼働時間は最大約10時間で、対応OSはWindows 8/7/Vista/XPだ。サイズは約幅190×奥行112×高さ253mmで、重さは約370g。

■Amazon.co.jpで購入【既存品】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン