このページの本文へ

アマゾン外のECサイトでもアマゾン払いできる新サービス

2013年10月09日 07時00分更新

文● kato hiroyuki

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 月刊「アスキークラウド」創刊3号(11月号/9月24日発売)では、キャッシュレス化が進む小売市場で先行するアマゾンの戦略を紹介している。アマゾン内で使える企業通貨のアマゾンギフト券が、ポイント交換の対象に選ばれたり、中古ゲームの買取り代金に充てられたりなどしてアマゾン外でも広く流通しはじめているのだ。また、eコマース面では「アマゾン ペイメント(Amazon Payments)」という簡易決済サービスを展開。小さな小売店舗でもeコマースに進出できるチャネルを広げている。

 そんな中で今回、米アマゾンは新たに、「ログイン アンド ペイ ウィズ アマゾン(Login and Pay with Amazon)」をスタートさせた。新サービスのパートナーとなったECサイトは、ショッピング後の支払い方法の選択肢としてサイト上に「Pay with Amazon」というボタンを設置することが可能。アマゾン ペイメント登録ユーザーはこのボタンをクリックし、アマゾン ペイメントで支払うことができる。つまり、ECサイトにしてみれば、アマゾン ペイメント登録ユーザーを新たに顧客として獲得できるわけだ。

 アマゾン ペイメントのバイスプレジテントのトム・テイラー(Tom Taylor)氏は「アマゾンは2億1500万以上のアクティブカスタマーアカウントを持っている」という。まさにアマゾン ペイメントがマーケットとしての存在価値を高めつつある。

「アマゾン ペイメント」公式サイト

「アマゾン ペイメント」公式サイト

関連サイト
アマゾンのプレスリリース

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています
アスキークラウド 創刊3号(9月24日発売)

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中