このページの本文へ

Fast「FK21SD」

手軽に組める「Kabini」搭載のキューブ型ベアボーンがファストから

2013年09月25日 22時13分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDのローエンド向けAPU「Kabini」搭載のキューブ型ベアボーン「FK21SD」がファストから登場。ドスパラ パーツ館本店で販売中だ。

ECS製のMini-ITXマザーボード「KBN-I/2100」を採用したキューブ型ベアボーン「FK21SD」がファストから登場

 「FK21SD」は、「E1-2100」(2コア/1GHz/1MB/Radeon HD 8210/TDP9W)をオンボードで搭載するECS製のMini-ITXマザーボード「KBN-I/2100」を採用したキューブ型ベアボーン。ピュアホワイト塗装の本体サイズは200(W)×303(D)×166(H)mm、ベイ数は5インチと3.5インチシャドウが各1基ずつ用意されるほか、電源ユニットは150Wを標準装備。

マザーボードはファンレス仕様。メモリーとHDD、OSさえ用意すれば、とりあえず静音PCの完成だ

 そのほか主なスペックは、拡張スロットが、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、Mini PCI-E×2(フルサイズ+ハーフサイズ)、メモリースロットがDDR3-DIMM×2(DDR3-1600/1333/1066、最大16GB)。オンボードインターフェースとして、ギガビットイーサネット×1、サウンド、SATA3.0×2、USB 3.0×2などを装備。I/O部にはグラフィックス出力としてHDMI/D-subを備える。
 価格は1万3980円。手持ちの余ったパーツを流用して組むにはちょうどいいキットといえそうだ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中