このページの本文へ

開始は来春も、9月20日から「先取り!データシェアキャンペーン」を実施

au、スマホとタブレットのデータ通信量共有サービスを発表

2013年09月13日 14時07分更新

文● コジマ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
iPhone 5s/5cも気になるけど、iPadを始めとするLTE対応のタブレットも使いたい……そんな人なら見逃せないサービスだ

 KDDI、沖縄セルラーは9月13日、スマートフォンとタブレットでデータ通信量を分け合って利用できる「データシェア」サービスの提供を来春よりスタートすることを発表した。

 データシェアは、スマホの7GB、タブレットの2GBを合計した9GBの容量をお互いの端末でシェアすることができ、さらにタブレットを月額2992円で利用できるサービスだ。申込み条件などの詳細については、サービス開始前に別途案内するとのこと。

 また、それに先立ち9月20日から「先取り!データシェアキャンペーン」が開始される。来年5月まで実施されるこのキャンペーンでは、スマホとタブレットを「スマホセット割」に加入してダブルで利用することで、それぞれ7GBずつの通信量を利用できるというもの。さらにこの方法で、新規もしくは機種変更でタブレットを購入した場合、タブレットの月額料金は1050円(最大2年間)となる。詳しい適用条件はリリース(PDF)をチェックしてほしい。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン