このページの本文へ

社内研修のための出張はもうしません!
<TeleOffice>で他拠点からも臨場感のある研修に参加できます。

2013年09月12日 09時20分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

社内研修のための出張はもうしません!
<TeleOffice>で他拠点からも臨場感のある研修に参加できます。

社内の研修や教育では、e-Learning等の利用も進んでいますが、重要な研修では一カ所に集まって行う集合型研修がまだまだ主流です。<TeleOffice>を利用し、遠隔地の参加者も手軽に自分のPCやタブレットで参加することが可能になります。わざわざ出張をせずにまたは会社に戻ることなく、臨場感のある研修に自分の拠点から受講することが出来ます。


◆外出先から研修に参加
タブレットやスマートフォンから参加でき、映像・音声や資料の共有だけでなく、タブレットからは直接資料への書き込みができるため、講義中の自分のメモも残しておくことができます。もちろん講師のメモも保存されるため、研修終了後にも確認ができます。

◆講師メモだけでなく、自分のメモもクラウドに保存
研修資料や研修中に講師が書き込んだメモ、自分で書き込んだメモも全てクラウドに保存されます。また、参加出来なかった研修の資料もチェックができるため、他の参加者から資料をコピーしてもらったり、メモを見せてもらう必要がありません。

※その他事例はこちらから
http://ideep.com/case/index.html


<TeleOfficeの特長>

■資料の共有
ミーティング資料を参加者全員で共有。ページめくりや拡大、書込み内容も全て同期・共有されます。 参加者はミーティング終了後に 資料と書き込みをダウンロード可能です。

■ビデオミーティング
H264方式採用により、ブロックノイズの少ない高品質な映像を実現しました。
3G回線でも利用可能です。

■マルチOS対応
Windows、iOS、Androidに対応をしています。
タブレットだけではなく、スマートフォンからもビデオミーティングに参加できます。

■セキュリティ
通信は全てSSLで暗号化をしており、通信中に情報が盗まれることはありません。
ログインはID/パスワードに加えて、利用できるデバイスを個体認証することも可能です。


※TeleOfficeのカタログダウンロードはこちらから
https://www.ideep.com/inquiry/download.html

<お問い合わせ>
iDeepソリューションズ株式会社
インダストリー・セールス部 担当:木村
Tel:03-5446-8490 
Mail:marketing@ideep.com

【付帯情報】
・TeleOfficeを使って研修に参加!
http://itm.news2u.net/items/output/115819/2


News2uリリース詳細へ

■関連URL

  • TeleOfficeを使って研修に参加!

News2u リリース詳細へ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画