このページの本文へ

電源は乾電池もしくは手回し充電

1分間のハンドル回転でスマホを約2時間充電できる小型ラジオ「RF-TJ10」

2013年08月05日 15時28分更新

文● 菅谷/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

RF-TJ10、手回しで充電できる

 パナソニックが8月5日、手回しで充電ができるデジタル選局ラジオ「RF-TJ10」を発表した。

 電源は乾電池のほか、手回し充電にも対応している。充電用ハンドルを1分間で120回の速度で回転させることでラジオを約14分聞くことができる。また、スマートフォンや携帯電話もUSBで接続することにより手回しで充電可能。パナソニック「ELUGA P」の場合、充電用ハンドルを1分間回すことで、連続通話が約2分、連続待受が約1時間50分駆動する。スマートフォン、携帯電話の充電においては対応していない機種がある点、充電用ケーブルは付属していない点は注意が必要だ。また乾電池からスマートフォン・携帯電話への充電は対応していない。

 人力充電のほかにも非常時に役立つ機能を搭載。蓄光電源ボタンは周りが暗くても探しやすく、LEDライトとサイレン機能は非常時の際の明かり、警報機としての役割を担うことができる。こちらも手回し充電に対応し、1分間の充電でLEDライトは約3時間、警報機は約20分間使用できる。スピーカーは2.8cm丸形16Ωが2個搭載されている。

カラーは3色。背面部にハンドルがついている

 サイズは約幅140.4mm×奥行52.0×高さ54.4mm、質量は乾電池を含まない場合約254g。カラーはホワイト、ブルー、ピンクの3色。価格はオープンで8月30日に発売する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン