このページの本文へ

音楽とスマホの融合、ラジオとスマホでセッションが実現

2013年05月24日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ラジオから流れる音楽とスマホが一体になってセッション。スマホ普及率の向上により新たな楽器が誕生した瞬間

 ラジオから流れる音と、それを聴いているリスナーのスマートフォンから流れる音で、1つの楽曲が完成する。そんなラジオ史上初となる試みを行なう特別番組「au PERFECT SYNC.JUSTA RADIO」の公開収録が、TOKYO FM 渋谷スペイン坂スタジオで実施された。

ゲリラ放送だったが、収録が始まると多くの通行人が立ち寄ってラジオに聞き入っていた

 スマートフォンを楽器化するアプリ「ODOROKI」(iPhone/Android用の両方がある)を起動した状態で、6月1日、8日、15日、22日(22時30分~22時55分)に放送する特別番組を聴くと、ラジオから流れる音と、スマートフォンから流れる音でセッションができるという。

「ODOROKI」は、AndroidとiPhone両方で無料提供されている

参加可能なセッションがある場合はスマホを振ることで参加できる

パーソナリティはスカパラの茂木さん

東京スカパラダイスオーケストラのドラム担当の茂木欣一さん

 JUSTA RADIOという番組名でピンと来る人もいるであるはず。TOKYO FMで放送されていた、東京スカパラダイスオーケストラの茂木欣一さんがパーソナリティーを務めていた「JUSTA RADIO」(2011年3月26日終了)とのコラボレーションとなっている。au PERFECT SYNC.JUSTA RADIOのパーソナリティは、もちろん茂木さん。時代やジャンルを問わず心揺さぶる楽曲を紹介する。

 今回の企画のため、東京スカパラダイスオーケストラが、7月3日に発売されるアルバムから新曲4曲を提供してくれたという。ラジオからは、東京スカパラダイスオーケストラの楽曲のベースとドラムのパートだけが流れ、スマートフォンからはそれ以外の楽器の音が流れる仕組みだ。

公開収録ではスカパラファンが集結
一足早くスマホでのセッションを楽しむ

 スペイン坂スタジオで行なわれた公開収録では現場に集ったファンによる、スマートフォンを使用したゲリラセッションも。新体験のユーザー参加型のラジオ番組ということもあり、茂木さんも楽しそうにパーソナリティーを務め、スマートフォンを操作していた。

「WeeklySession」は、茂木さんがパーソナリティを務める「au PERFECT SYNC.JUSTA RADIO」内でのみ楽しめる

スマートフォンに表示される楽器はそれぞれ異なる、友人同士でラジオを聞けば、より深いセッションが楽しめる

茂木さんも興味深げにリスナーのスマートフォンに表示された楽器を確認していた

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン