このページの本文へ

GIGABYTE「BRIX」

いよいよ登場! GIGABYTEの超小型ベア「BRIX」が予約開始

2013年08月01日 22時35分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GIGABYTE版のNUCともいえる超小型ベアボーン「BRIX」。COMPUTEX TAIPEI 2013でお披露目された注目の製品がいよいよ登場する。一部ショップでは予約受け付けもスタートした。

GIGABYTE版のNUCともいえる超小型ベアボーン「BRIX」の予約受け付けがスタート。インテルから発売中のNUC対応ベアボーンよりもさらに小型の本体を採用する

 「BRIX」は、本体サイズ107.9(W)×114.6(D)×29.9(H)mm、重量約400gの超小型ベアボーン。インテルから発売中のNUC対応ベアボーンよりもさらに小型で、かつ「Core i7-3537U」採用モデルもラインナップするのが特徴だ。
 発売されるのは前述の「Core i7-3537U」採用モデル「GB-XM1-3537」のほか、「Core i5-3337U」採用モデル「GB-XM11-3337」、「Core i3-3227U」採用モデル「GB-XM12-3227」の3製品。チップセットにはIntel HM77 Expressを搭載し、ユーザーはmSATA対応SSDとDDR3 SO-DIMMを組み込むだけでPCが出来あがる。

登場するのは全部で3種類。ユーザーはmSATA対応SSDとDDR3 SO-DIMMを組み込むだけでPCが出来あがる

 そのほか、主なスペックはギガビットイーサネットやIEEE802.11b/g/n対応無線LAN、USB 3.0×2。出力インターフェースには、HDMI×1とmini DisplayPort×1を備える。また、拡張スロットはmSATA×1とMini PCI Express×1(無線LAN装着済み)、メモリーはDDR3 SO-DIMM×2(最大16GB)。
 付属品にVESA規格準拠のVESA対応ブラケット(75×75mmまたは100×100mm対応)や65WのACアダプター、電源ケーブルなどが同梱される。
 価格は「GB-XM1-3537」が5万9980円、「GB-XM11-3337」が4万9980円、「GB-XM12-3227」が3万6980円。発売は8月8日頃で、現在TSUKUMO eX.やZOA秋葉原本店では予約受付も実施中だ。

注目はNUCにはない「Core i7-3537U」採用モデルか。価格は5万9980円だ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中