このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2013レポート特集第4回

GIGABYTEの内覧会で見かけたNUCベアや独自ファン採用TITAN

2013年06月03日 23時48分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GIGABYTEは例年通り「台北101」の36階でメディア限定のイベントを開催。見晴らしのよい展示ルームで多数の新製品が公開された。

台北の超高層ビル「台北101」の36階で開催されたGIGABYTEの内覧会

注目マザーはAMD用向けゲーミングモデル
Haswell対応の未発売モデルも

 GIGABYTEといえば、やはりマザーボード。まずはデビュー直後のHaswell対応モデルの注目製品を取り上げておこう。

GIGABYTEのゲーミングマザーシリーズ「G1.Sniper」に新モデルが加わる。B85採用でコスト勝負の「G1.Sniper B5」とAMD向けとしては初のゲーマー向けモデルとなる「G1.Sniper A85X」だ。もちろんオペアンプが交換できるギミックも健在だ

 まずはデビュー直後のHaswell対応モデルの注目製品。「G1.Sniper B5」は、チップセットにIntel B85 Expressを採用するゲーマー向けモデル。本来であればビジネス向けとされるチップセットを採用することで、コスト低下を実現。ゲーミングマザーと聞くと高いイメージがつきものだが、そこは期待してよさそうな価格設定となりそうだ。

チップセットにIntel B85 Expressを採用する「G1.Sniper B5」

 もうひとつの注目モデルが、AMD向けとしては初のゲーマー向けモデルとなる「G1.Sniper A85X」だ。チップセットにはSocket FM2対応のAMD A85Xを搭載。正直、ここはSocket AM3+にこだわってほしい気もするが、まもなく登場予定の新型APU“Richland”も使えることを考えると、これもアリなのかもしれない。フォームファクターはATX。AMD派こだわりのゲーミングマシンには最適だろう。

AMD向けとしては初のゲーマー向けモデルとなる「G1.Sniper A85X」は、チップセットにSocket FM2対応のAMD A85Xを搭載している

アキバが注目するNUCベアは間もなく日本上陸へ

NUC準拠のコンパクトベアボーン「BRIX」。パッケージも完成済みで発売への準備は万端。日本ギガバイトによると、あとは「国内代理店との調整」という段階とのこと

 アキバではちょっとしたブームを巻き起こしたNUC対応製品。インテル以外のメーカーとしては初となるNUC準拠のコンパクトベアボーン「BRIX」が間もなく日本でも発売される見通しだ。インテル純正モデルよりコンパクトになった筺体を採用。ラインナップは、Core i7-3537U/Core i5-3337U/Core i3-3227Uの3モデルが用意される。

ラインナップは、Core i7-3537U/Core i5-3337U/Core i3-3227Uの3モデル。価格設定が気になるところだ

オリジナルFAN+オーバークロック仕様
GeForce GTX TITAN搭載のハイエンドVGA

 ビデオカードで注目しておきたいのがGeForce GTX TITANを搭載したオリジナルクーラー採用版となる「GV-NTITANOC-6GD-B」だ。発売となればTITAN採用カードとしては初のオリジナルクーラー搭載モデルとなるだけではなく、初のオーバークロック仕様となる。

GeForce GTX TITANを搭載したオリジナルクーラー採用版の「GV-NTITANOC-6GD-B」。コアクロックは837MH→928MHz、ブーストクロックを876MHz→980MHzにオーバークロックしている点も特徴だ

 なお、クーラーはGeForce GTX 770でも採用実績のある3連ファンの「WINDFORCE 3X」。さらにコアクロックは837MH→928MHz、ブーストクロックを876MHz→980MHzにそれぞれ引き上げられている。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中