このページの本文へ

3日以上使える!? 動作時間が自慢のau向けAQUOS PHONEを見る

2013年07月13日 14時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIが今週12日に発売したシャープ製Androidスマホの「AQUOS PHONE SERIE SHL22」。

フルHDでない点だけはやや見劣るが、逆にバッテリー駆動時間には大きな期待が持てるau向けの新AQUOS PHONE

省電力が自慢のIGZO液晶を搭載
フルHDではないが、逆に長時間動作に有利!?

 まず注目したいポイントが、4.9型のIGZO液晶。IGZO液晶は画面に動きがないケースなどに描写に必要な電気を節約することで、電力消費を抑えることが可能になっている。本機の画面解像度は720×1280ドット止まりだが、逆にCPUなどのリソースへの負荷は小さくなると考えられ、夏スマホ最大級の3080mAhバッテリーとの組み合わせで、これまでのスマホと比べて、ワンランク上の長時間利用が期待できる。

 それ以外は非常にハイスペックで、1.7GHz動作のクアッドコアCPU(Snapdragon 600 APQ8064T)に加えて、2GBメモリー、IEEE802.11ac対応(2.4/5GHz対応)の無線LAN、F値1.9の1310万画素カメラを搭載する。国内メーカー製端末らしく、防水・防塵対応を含めた全部入り。イヤホンもキャップレスで防水対応である。

CPUは1.7GHz動作でクアッドコア、メモリーは2GB、内蔵ストレージは16GBと十分なスペック。日本仕様すべて、防水・防塵対応と、まさに国内メーカーが作った端末だ
両サイドにはボリュームキーとストラップホールを完備。グローバルモデルにはストラップホールがついていることがほぼないので、このあたりの配慮も国内メーカーならではだ
イヤホンジャックはキャップレス防水に対応。そのほかはキャップによる防水となっている

 カラバリはブルー、ブラック、ホワイトの3色を用意。なお、卓上ホルダーも付属する。

カラバリはこの3色
AQUOS PHONEでおなじみの「Feel UI」を採用
「AQUOS PHONE SERIE SHL22」の主なスペック
メーカー シャープ
ディスプレー 4.9型IGZO液晶
画面解像度 720×1280ドット
サイズ 約70×142×9.9mm
(最厚部11.1mm)
重量 約155g
CPU Snapdragon APQ8064T 1.7GHz
(クアッドコア)
内蔵メモリー(RAM) 2GB
内蔵ストレージ(ROM) 16GB
外部メモリー microSDXC(最大64GB)
OS Android 4.2
LTE対応 ○(下り最大100Mbps)
WIN HIGH SPEED
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
テザリング ○(最大10台)
国際ローミング GSM/W-CDMA
カメラ画素数 リア:約1310万画素CMOS/イン:約207万画素
バッテリー容量 3080mAh(交換不可)
FeliCa ○(+NFC)
ワンセグ
赤外線
防水/防塵 ○/○
SIM形状 microSIM
連続待受時間(3G/LTE) 約600時間/約590時間
連続通話時間(3G) 約1250分
カラバリ ブルー/ホワイト/ブラック
発売時期 発売中

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン