このページの本文へ

1位はアマゾン、電子書籍端末普及は頭打ち?

2013年07月04日 07時00分更新

文● 加藤宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MM総研が発表した調査結果によると、2012年度の電子書籍端末の国内出荷台数は47万台。メーカー別シェアは、トップがアマゾンの38.3%、2位が楽天の33%、3位がソニーの25.5%だった。

 出荷台数の過去の推移は、10年度の16万台から11年度は約倍増の33万台となり、12年度の47万台は前年比で約42%増を記録している。非常に高い伸び率で増加しているが、MM総研の13年度の出荷台数予測では52万台と、増加しているものの前年度比は約10.6%増にすぎず、ペースは鈍化するようだ。

電子書籍端末推移

電子書籍端末の出荷台数の推移と予測(MM総研)

電子書籍シェア

2012年度電子書籍端末出荷台数のメーカー別シェア(MM総研)

 この背景として考えられるのは、電子書籍アプリが提供され、タブレットで電子書籍を読むケースが増えていること。実際、ICT総研が6月に発表した調査結果によると、電子書籍専用端末とタブレットを合わせた国内出荷台数が12年度は549万台で、予測では15年度に1000万台を超えると見込んでいる。また、スマホも5インチを超える大画面モデルが登場し、スマホを電子書籍端末と兼ねる利用スタイルも増えつつある。電子書籍そのものは今後も拡大していくが、そこでの主役はタブレットやスマホであり、電子書籍端末の普及は頭打ちとなりそうだ。

■関連サイト

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画