このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

EIZOなら、パソコンの使用目的に合わせて選べる

ゲームも、写真も、ビジネスも。適正ディスプレーを買う!!

2013年06月25日 11時00分更新

文● 週刊アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

この記事は2013年6月25日発売の週刊アスキーから転載し、お届けしています。

ディスプレーは価格ではなく用途で選ぼう。でないとPCの性能がモッタイナイ。

自社一貫生産のこだわり。製品企画から、開発、製造まで国内EIZOグループで行ない、品質の高さは折り紙付き。

EIZOのディスプレーを選ぶワケ

直接目に触れる装置は目的別に最適なものを

 最近はフルHDを超えるパソコン用ディスプレーも2万円くらいから売っているが、安いからと飛びつくのはお勧めできない。パソコンの出力を直接目に入れる装置なので、使用目的に合ったものを慎重に選ぶべきだ。

 EIZOは、1985年からPC用のディスプレーを専業にしてきたメーカーだ。ビジネスやゲームからプロカメラマンの使用にも耐えうる高品質な製品まで幅広くラインアップ。厳しい品質管理のもと、自社グループで一貫生産し、全数表示調整の上、出荷されているという。保証期間も5年と長い。この安心と信頼のブランドで、自分の目的に最適な1台を見つけよう。

ビジネス・文書・プレゼン・SNS
長時間作業でも目が疲れず、文字が見やすいFlexScan EV2436W-FS

オールラウンドなスタンダードタイプ。実売価格 4万9000円前後

 スタンドの可動域が広く、置き場所を選ばないスタンダードな一台。自動調光の"AutoEcoView"や、ちらつきを抑制する"EyeCare調光"機能は、疲れ目を軽減させ、長時間画面を見続けるオフィスでの使用に向く。紙に近い色味とコントラストに調節してくれる"Paper"モードは電子書籍を読むのに最適だ。

SPEC
液晶パネル 24.1インチIPS液晶
解像度 1920×1200ドット
コントラスト比 1000:1(標準値)
応答速度 6ms(中間階調域)
入力端子 DVI-D、ディスプレーポート、D-Sub 15ピン
本体サイズ 552.5(W)×245.5(D)×376~534(H)mm
重量 約6.7kg(スタンド含む)

ワタシがおススメ 本誌副編集長・加藤兄

1日中快適に使える疲れにくいポジション

 上下195ミリ、前後30度、左右172度という広い可動範囲がうれしい。右の写真のようなやや下向き視線のポジションにすると、長時間画面を見続けても、首が疲れにくくていい。

縦表示が快適。ウェブ閲覧が快適な縦表示。個人的には原稿書きにも。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン