このページの本文へ

USBケーブルを接続してすぐに使用可能

1980円でヘッドセット付きの300万画素CMOS搭載Webカメラ

2013年06月17日 16時43分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「400-CMS016」

 サンワサプライは6月17日、CMOSセンサー搭載Webカメラ「400-CMS016」を発売した。

 高画質CMOSセンサーを搭載したWebカメラ。静止画は300万画素、動画は720pのハイビジョン撮影が可能だ。フォーカスは固定で、ホワイトバランス、コントラストは自動で調整する。フレームレートは最大30fps。UVCに対応しており、OS標準ドライバーで動作するため付属のUSBケーブルを接続するだけですぐに使用できる。ケーブル長は約160cm。

装着画像リモコン付きヘッドセットを付属する

 スタンド部分は角度を変えられるため、液晶モニターやノートPCに取り付けられるほか、机に置けば定点カメラのように使用することも可能だ。向きを変えられ左右どちらの耳にも着けられるイヤーハンガー付き片耳ヘッドセットを付属する。また、ケーブル上に音量とミュートの調節ができるリモコンを備える。

 対応OSは、Windows 8/7/Vista/XP(ServicePac2.0以降)、Mac OS X 10.4.9/10.5/10.6/10.7/10.8(ヘッドセットはMac非対応)。外形寸法は、約幅55×奥行15×高さ22mm(スタンドを除く)。重量は約26g(ヘッドセットを除く)。インターフェースにPC接続用のUSB2.0を備える。

 価格は1980円で、同社の通販サイト「サンワダイレクト」にて購入可能だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン