このページの本文へ

パナ、ケータイからの乗り換えを狙う「ELUGA P」説明会開催

2013年06月12日 20時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Xの性能がそのままに小型化されたP
「ELUGA P P-03E」

 パナソニック モバイルコミュニケーションズは今日12日、ドコモの夏モデルとしてリリースされる新型スマホ「ELUGA P P-03E」のプレス向け説明会を行なった。

 冒頭のプレゼンテーションを担当した同社の営業企画部部長 河合篤優氏は「春モデルのELUGA Xは販売数が失速することなく拡大している」と前モデルの好調ぶりをアピール。夏モデルのELUGA Pはおもにフィーチャーフォンからの買い換えやスマホ初心者をターゲットにしているとし、「片手操作をはじめとする使いやすさを追求し、初心者層にも安心して乗り換えられる操作性を徹底的に極めていく」と語った。

 また、ELUGAブランドを定着させるために「さらっとスマチェン」というキャッチコピーで、フィーチャーフォンからの乗り換えを促進していくという。

パナソニック モバイルコミュニケーションズ 営業企画部 部長 河合篤優氏

パナソニック モバイルコミュニケーションズ 商品開発グループ 企画担当課長 野中亮吾氏

PにはPremiumをはじめ、このような意味と思いが込められている

夏モデルでもこれだけの数の新機能が入っているのはELUGA Pだけだと、野中氏

 続くプレゼンテーションは同社の商品開発グループ 企画担当課長 野中亮吾氏が登壇し、おもに端末のスペックや機能を解説した。野中氏はドコモの夏モデルの中で「バッテリー持ち時間の向上」「docomo シンプルUI」「ホバー機能」の3種類すべてに対応している唯一の端末がELUGA Pであると紹介し、さらにNOTTVや急速充電など、16種類もの最新機能が凝縮されていると説明した。

ELUGA PのCMキャラクターを務めた俳優の平山浩行さん

平山さんと野中氏のトークセッションも行なわれた

 最後に、ELUGA PのテレビCMに出演している俳優の平山浩行さんが登場し、トークショーを行なった。「撮影前にちょこっと触ったのですが、それだけで使いやすいと感じた。早く使いたいので、予約しましたよ」と語った。とくに、フィーチャーフォンライクな操作性のケータイモードが気に入ったようだった。

パナソニックのカーナビ「ストラーダ」ともMiracastで連動させることができる

ELUGA Xにはなかった、別窓で動画コンテンツを再生する機能。いわゆる“ながら”再生ができる

春モデルのELUGA Xとの比較。フルHDなどのスペックはそのままに小型化されたが、CPUがパワーアップしただけでなく、持ちやすいデザインになった

「ELUGA P P-03E」の主なスペック
メーカー パナソニック モバイルコミュニケーションズ
ディスプレー 4.7型液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約65×132×10.9mm
重量 約146g
CPU Snapdragon APQ8064T 1.7GHz
(クアッドコア)
内蔵メモリー(RAM) 2GB
内蔵ストレージ(ROM) 32GB
外部メモリー microSDXC(最大64GB)
OS Android 4.2
Xi ○(下り100Mbps)
Xi対応周波数 2GHz/1.5GHz/800MHz
無線LAN IEEE802.11n(2.4/5GHz対応)
テザリング ○(最大10台)
カメラ画素数 リア:約1340万画素CMOS/イン:約130万画素CMOS
バッテリー容量 2600mAh
FeliCa ○(+NFC)
ワンセグ
NOTTV
赤外線
防水/防塵 ○/○
Qi
miniUIM
連続待受時間(3G/LTE) 約490時間/約440時間
連続通話時間(3G) 約610分
カラバリ Gold/Black
発売時期 6月15日

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン