このページの本文へ

OCZ「Vertex 450」

新型“Barefoot 3 M10”搭載のOCZ製SSD「Vertex 450」が発売

2013年06月08日 22時00分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 OCZ製SSD「Vertex 450」シリーズの128GBモデルの販売が本日よりスタート。Indilinx社製の最新コントローラーの“Barefoot 3 M10”を採用する初めての製品だ。

Indilinx社製のコントローラー“Barefoot 3 M10”を採用するOCZ「Vertex 450」シリーズの128GBモデル(型番:VTX450-25SAT3-128G)

 Vertex 450シリーズは、Indilinx社製の最新コントローラーBarefoot 3 M10を採用する初めてのSATA3.0(6Gbps)対応2.5インチSSDとなる。Barefoot 3 M10は、OCZ製SSD最上位モデルの「Vector」シリーズが採用したARM Cortex 9と、OCZ Argon Co-Proseccorで構成されるデュアルコアプロセッサーの“Barefoot 3”コントローラーを20nm/1*nmプロセスのNANDフラッシュに最適化したコントローラーだ。NANDフラッシュは、20nmプロセスのIMFT製MLC NANDフラッシュを採用する。容量は128GB、256GBの2モデルをラインアップし、240GBモデルは来週末発売予定となっている。

厚さはUltrabookや薄型ノートPCにも使える7mm厚を採用。環境移行ソフト「Acronis True Image」のライセンスキーが付属する

 128GBモデル(型番:VTX450-25SAT3-128G)の主なスペックは、シーケンシャル読み込み525MB/sec、書き込み290MB/sec、ランダム読み込み7万5000IOPS、書き込7万IOPS。製品保証は3年間。製品には3.5インチ変換マウンタ、および環境移行ソフト「Acronis True Image」用のライセンスキーが付属する。価格は以下の通り。

価格ショップ
「VTX450-25SAT3-128G」(128GB)
¥13,780ツクモeX.パソコン館
¥14,480パソコンショップアーク
パソコンハウス東映
¥14,980ドスパラ パーツ館

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中