このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

業界人の《ことば》から 第42回

「今回の来日にはPCは持ってこなかった。すべてスマートフォンで済む」

セールスフォースCEO「PCを捨て去る時代が来る」

2013年06月04日 09時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今回のことば

「今回の来日にはPCは持ってこなかった。すべてスマートフォンで済む。これからはPCを捨て去る時代に入ってくる」


(米セールスフォース・ドットコムのマーク・ベニオフ会長兼CEO)

カスタマーカンパニーになることが大切だ

 セールスフォース・ドットコムが5月28日に開催したプライベートイベント「Customer Company Tour 東京」の基調講演に登壇した米セールスフォース・ドットコムのマーク・ベニオフ会長兼CEOは、いつも以上のハイテンションで、いきなり「おはようございます!」と日本語で聴講者に呼びかけた。

 基調講演会場は、舞台を設けずに、360度すべての方向に聴講席を置くスタイル。ベニオフCEOは、会場をあちこち動き回りながら、講演する形をとった。これは、ここ数年の同社イベントでは定番となっている手法。聴講者の近くにまで近寄って話すのはベニオフCEOの姿には圧倒される。

 講演のテーマは、「新しいカタチで顧客とつながる」。

 同社では、クラウド、ソーシャル、モバイル技術を活用し、顧客志向型のビジネススタイルを実現する企業を「カスタマーカンパニー」とし、「カスタマーカンパニーになることが、すべての企業において求められている。カスタマーカンパニーになるには、顧客とつながること、社員とつながること、そして製品とつながることが必要である。我々がフォーカスしなくてはならないのは、テクノロジーの変化ではない。顧客志向に立ち返ることである。テクノロジーは、企業と顧客をつなげてくれる役割を担うことになる。スマートフォンは、製品や企業、社員とつながっており、そこからコミュニケーションが行える」などと語った。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ