このページの本文へ

スプリント買収のライバル登場にソフトバンクがコメント

2013年04月16日 16時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクが7月に正式な買収を目指している、アメリカ第3位の携帯電話会社スプリントに、アメリカの衛星放送会社であるDish Networkが255億ドルでの買収を提案していると、海外メディアを中心に報道されている。

 これに対し、ソフトバンクは以下のコメントをニュースリリースで掲載している。

当社がスプリントとすでに合意している内容は、短期的かつ長期的にスプリントの株主の皆様に対して、より多くの利益を提供できるものです。ディッシュの提案は、前提条件が非常に多く、準備段階の内容であります。これに対し、当社とスプリントの取引は、すでに必要な承認を得られる段階にきており、これまでに合意している条件で2013年7月1日には完了する見込みです。

 ちなみにソフトバンクは、スプリント株の70%を201億ドルで買収すると発表しているため、Dishの提案は金額的には上回る。また、Dishのニュースリリースでは同社による買収案のメリットを述べており、Dish/SprintのシナジーによってSprintの企業価値は370億ドルに達するとアピールしている。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン