このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

10時間動くClover Trailノート HP ENVY x2をチェック

2013年01月04日 12時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Clover Trailこと「Atom Z2760」を搭載するタブレットPCが話題を呼んでいる。x86プロセッサーなのでWindows 8がそのまま動くのに、ARMプロセッサー搭載のタブレットと遜色ない重さやバッテリー駆動時間を実現できる点が評価されている。

 Clover Trail搭載タブレットは数社から発売されているが、今回はそのうちの1台、日本ヒューレット・パッカードの「HP ENVY x2 11-g000」を試用する機会を得たので、その実力を検証してみた。

「HP ENVY x2」。キーボードドックは付属品

キーボード付属のセパレート型ノート

 ENVY x2は写真のとおり、タブレット型の本体に分離可能なキーボードドックが付属する、セパレート型ノートとなっている。キーボードドック側にもバッテリーが内蔵されており、合体状態でのバッテリー駆動時は、まずドック側のバッテリーを優先的に使い、それを使い切ってから本体側バッテリーを使い始めるという、セパレート型ノートでは一般的な仕様を踏襲している。

ENVY x2の背面。ディスプレーを開くとドッキング部がスタンドになる

 バッテリー駆動時間は公称値で、タブレット状態で約10時間45分、ドッキング状態では約19時間とされている(同社独自計測による)。さすがに実使用時でこれほどは動かないだろうが、期待の持てる数字だ。

 本体とドックはアルミ合金を使った金属的な質感のボディーをまとっている。タブレットの背面(ノート状態での天板側)とドックの底面は、ヘアライン加工が施されている。ボディー側は少しでも薄く見せるように、手前側が薄いくさび形の側面形状をしている。合体状態の厚みは17~19mmなので厚くはないが、Ultrabookが珍しいものでなくなった昨今では、薄いという印象は受けない。

タブレット部の背面。上部中央にアウトカメラ、右端には音量ボタン。左端にあるのは電源ボタンで、2秒ほど押し続けるとブルッと震えて電源が入る仕組みなので、カバンの中に入れておいても誤動作が少ないよう配慮しているドック側底面。4つの平らで大きなゴム足がある

 合体状態の重さは約1.41kg。ドックにもバッテリーを内蔵することを考えれば、悪くない数字だ。本体側単体の重さは約710g。11.6型ディスプレーを搭載するタブレットとみれば、なかなか軽く作られている。

前へ 1 2 次へ