このページの本文へ

ソフトバンクも衛星電話サービス開始 ただしアメリカ除く

2012年12月14日 15時40分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクモバイルは、2013年2月以降に衛星電話サービスの提供を開始すると発表した。

 同社が提供する衛星電話サービスは、アラブ首長国連邦のドバイに本拠を持つThuraya Telecommunications Company(スラヤ テレコミュニケーション カンパニー)社の衛星通信設備を用いるもの。リリースによると「北南米などの一部の国と地域を除く全世界で、日本のエリアカバー率は100%になります」とのこと。

 Thuraya社のサイト内の情報では、ボーイング社製の通信衛星を3基利用しており、ユーラシア大陸、アフリカ大陸、中近東、アジア、オーストラリアなどがサービスエリアに含まれているが、北南米はマップにも記述されていない。

Thuraya社のサイトにあるマップにはアメリカ大陸はない! ただ、同社の衛星電話はGSM対応端末もラインアップされており、T-Mobile USAとのローミングに対応しているようだ

 なお、衛星電話は災害時など企業や団体の危機管理の高まりにともなって需要が高まっている。KDDIはイリジウムとインマルサットの両サービス、NTTドコモはインマルサットと国内向けのワイドスターIIを提供している。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン