このページの本文へ

グーグル、スマートフォン対応サイト自動変換ツールを提供開始

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2012年11月29日 01時07分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

グーグル、スマートフォン対応サイト自動変換ツールを提供開始

グーグルは2012年11月28日、GoMo 日本語版サイトで、デスクトップPC向けサイトをスマートフォン対応サイトに自動変換するツールの提供を開始した。GoMo は Go Mobile ! の略で、スマートフォン最適化促進へのグローバルキャンペーン。

米DudaMobileが開発したスマホ対応サイト変換ツールで、GoMoアカウントを作成・登録することで最初の1年間は無料で利用できる。2年目以降も継続して利用する場合は月額1,180円の費用が発生する。

変換ツールは、GoMoのサイトでURLを入力して、(1) デザインテンプレートと、カラーパレットから色を選択、(2) ヘッダーやロゴ、ナビゲーションメニューなどの編集、ワン・クリック・コールや地図などスマホ利用を想定した機能の追加を行い、(3) GoMoアカウントを作成すると、スマホ用サイトのURL(mobile.dudamobile.com/~)が発行される。発行されたURLにアクセスすると、スマートフォンに最適化されたサイトが表示される。

スマホ対応サイトのURLは、専用URL(http://mobile.dudamobile.com/site/****)として発行されるため、デスクトップPCサイトのURLとは異なる。しかしソースコードを確認すると、スマホ対応サイトには rel=canonical が自動的に挿入され、それぞれ対応するデスクトップPC版のURLが記述されているので、技術的なことに詳しくないユーザーでも簡単にスマホ最適化サイトを作成でき、かつ Google に適切にインデックスさせることが可能となっている。


GoMoスマートフォンサイト最適化ツール
http://howtogomo.com/jp/getstarted

GoMo 開発者を探す
http://www.howtogomo.com/jp/d/get-started/#get-started-now

カテゴリートップへ

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く