このページの本文へ

女子好みのピンクも! ソニーモバイルの「Xperia SL」が入荷

2012年10月11日 10時00分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーモバイル製の新型スマートフォン「Xperia SL」がアキバ店頭に入荷。イオシス アキバ中央通店やビートオン 秋葉原店などのイオシス各店で販売がスタートしている。

3月発売の「Xperia S」がパワーアップして新登場。CPUクロックがアップしたAndroid 4.0搭載スマホ「Xperia SL」になってアキバにやってきた
カラバリも4色に増加。女性に人気が出そうなピンクと、渋めなシルバーが新たに加わった

 Xperia SLは、720×1280ドットの高解像度液晶を採用する4.3型Androidスマートフォン。3月に登場した「Xperia S」のスペックアップモデルで、シースルー状の透明パーツ「フローティングプリズム」を使用する点など、外見はほぼ同じ。しかしながらCPUクロックが1.5GHzから1.7GHzにパワーアップしたほか、発売当初Android 2.3がインストールされていた前モデルと異なり、OSはAndroid 4.0が搭載されている。

 カラバリもブラックとホワイトのほか、新たにシルバーとピンクが追加された4色展開に。中でもシャーベットカラー調のピンクは女性にも人気が出そうな印象だ。入荷したイオシス各店では全てのラインナップから好きな色を選ぶことができる。

「Xperia S」(左)との外見上の違いはなし。話題になったシースルー状の「フローティングプリズム」ももちろんそのまま採用された
実装される物理的な操作ボタンは、電源ボタン、ボリュームボタン、シャッターボタンなど。コネクタ部分にはそれぞれカバーが施されている

 CPUはデュアルコアのクアルコム MSM8260 1.7GHz、メモリーは1GBで、ストレージ容量は32GB。外部ストレージには対応しない。1210万画素のカメラが実装されるほか、Bluetooth、NFC、無線LAN機能を搭載する。

 本体サイズは幅64×奥行き128×高さ10.6mmで、重量は144g。対応する通信方式は、GSM GPRS/EDGE 1900/1800/900/850MHz、UMTS HSPA 2100/1900/900/850MHz。イオシス各店にて、4万4800円で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン